おじんじゃART MUSEUM
◎アーティスト紹介◎

※名前をクリックでアーティストページへ!

伏屋美希 Miki Fuseya

独自の色彩感覚で、心の揺れや、あいまいな表情など、微妙な感情や思いを表現。ウエルカムボード、CD、書籍などへの絵の提供、個展・ライブペイント・レンタルアートなど幅広く活動。オランダ アムステルダムでの個展開催やニューヨーク・ロサンゼルスでのグループ展にも参加。日々の暮らしを照らすアートを展開中。
ミキ

鈴村 由紀

昨年はキノコの焼き物を展示していただきました!もともとそこにあったかのような存在感に驚き。 ダンサーとしても活動されているアーティスト。 出店ではYKO陶芸部で手力土器を作ろう!のワークショップありますよ!(30〜45分程度、受付は16時迄) ※その場でお持ち帰り頂けます。 ここの土地では須恵器(古墳時代から平安時代まで作られてた土器)が出土されてるようです。当日は神社の土を頂き現代の土(陶芸土)と混ぜて作って頂きます。

ストッキングアーティスト 光冨 さよ〔みつとみさよ〕

グラフィックデザイン専攻 1989年からストッキングを素材に創作活動を始める。染色、ダメージ、異素材との融合など、あらゆる手法で素材としてのストッキングの可能性を追求。定期的な東京〔六本木・ストライプハウスギャラリー〕での個展をはじめ、舞台美術、イベントにも参加。 パーソナルスポンサー アツギ株式会社
61674966_2534572549886836_3343371571644334080_n
メキシコで生まれ育ち、芸大卒業後も絵を描く事やアボカドの種を利用した彫刻アート、使用しなくなったプラスチックを利用したリサイクルアートなど、様々な種類のアートを製作し続けている。
生き物を愛しアリでさえも気にして歩く、心優しい彼の作品をご覧ください。

Antar Arestegui Paz Rubio (アンタール アレステギ パズ ルビオ)

メキシコで生まれ育ち、芸大卒業後も絵を描く事やアボカドの種を利用した彫刻アート、使用しなくなったプラスチックを利用したリサイクルアートなど、様々な種類のアートを製作し続けている。 生き物を愛しアリでさえも気にして歩く、心優しい彼の作品をご覧ください。

篠田ゆき(Yuki Shinoda)

素材や環境からのインスピレーション、対話を通して作品制作に取り組む。縁、出会い、日常生活内で見つけた心を動かすモチーフや物語などを入り口に、意識と無意識を掘り下げ、アートが持つ心理的影響力について模索している。 2010年大阪芸術大学卒業。社会経験を積む。2017年より水谷イズルに師事。作家活動を開始する。
神社という装置に興味があります。古の先人たちから祈り続けてきた場所で、私もできる仕事を通して、祈りを捧げてみようと思います。
いなフェス米を使ったインスタレーションを製作予定。

◇作品について◇

神社という装置に興味があります。古の先人たちから祈り続けてきた場所で、私もできる仕事を通して、祈りを捧げてみようと思います。 いなフェス米を使ったインスタレーションを製作予定。
岩

現代美術家 渡辺悠太  Yuta Watanabe

1992 岐阜市生まれ instagram yuta_watanabe11 今年の日本神話公演『天の岩戸開き』の岩戸も手掛けていただきました。
IMG_9538

Taphy Nosse やまぐちたかえ

植物作家・ 画家 19歳より絵画を始め、独学でアートの世界に進む。 その後、東京、NYで個展をひらくなどし、2011年より京都に暮らす。 現在は、京都山間部で、自ら採取した季節の草花、山野草をもちいたリースやオーナメント製作をしている。 空間装飾、店舗デコレーションやワークショップなどを行なっている。
輝雄

浅野輝雄(写真家)

手力雄神社氏子総代会長。 1944年岐阜県各務原市に生まれる。 1996年NHK岐阜文化センター・近藤誠宏先生の講座に入る。 2004年「岐阜県働く者の県展」厚生労働大臣賞受賞。ギフフォトクラブ幹事就任。 2005年二科展初出品で特選受賞。 2010年NHK岐阜文化センター写真入門講座で近藤先生の助手。 2017年二科会写真部会友推挙(特選1回入選7回)

天野入華(Amamo irika)

金属製の植物型のオブジェを編みながらインスタレーション作品を制作し、様々場所で展示を行う。 制作を通して、その場でしか形にならない、“佇まい”や“存在感”を追求している。
1994年生まれ 岐阜県土岐市にて作陶中

ツラクモ七瀬

1994年生まれ 岐阜県土岐市にて作陶中

協力 かかむ あきこ

PM 3:30から

アーティスト達と巡るアートツアー予定しております。

みなさまのご参加お待ちしています♪

いなフェス2019
おじんじゃART MUEUM

・6/16(日)PM12 〜PM5・

・入場無料(投げ銭制)・

・会場:手力雄神社内・